歯周病の進行の仕方

 
 

歯周病が進行すると、歯と歯ぐきのバリアーが細菌でやられてしまい、歯を支える骨が破壊されます。
プラーク(歯垢)が、歯と歯ぐきの間(歯肉溝)に停滞すると、その中にいる 細菌が進入して くるのを防ごうとして、感染から身体を守るために 血管に白血球をたくさん送ってこようとします。

そのため、血管が大きくなり、 白血球が血管の外へと滲み出してきます。歯ぐきが腫れたり、赤くなってきたり、出血したりします。これを 炎症といいます。
炎症が起きると、 歯と歯ぐきの境目が破壊され、 歯周ポケットと呼ばれる 深い溝ができます。

歯周ポケットに細菌が進入してしまい、その部分の歯ぐきがやられてしまいます。
そのため、 歯ぐきに潰瘍ができ、腫れたり、出血しやすくなります。

出血して、細菌と戦った結果、その部分では、 膿がでてくる原因となります。

さらに、それに伴って、 歯を支える骨までも炎症の被害が及び、骨が溶け出してしまいます。
骨の吸収は炎症がなくならない限り続き、どんどん進んだ結果、最終的には 歯が抜け落ちることになるのです。
 
      

   

歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)はどうやって調べるの?

一度は皆さんも、歯科医院で経験があるかもしれませんが、
“歯ぐきの状態を調べますね~”
と言って行われるのが、ポケット検査です。
絵にあるような器具を使って調べます。これで歯周ポケットの深さや炎症の有無を調べます。

歯周ポケットが深ければ深いほど、歯肉と歯のバリアーが奥深くまで破壊されていることを示します。
そうなると、 骨が溶けて壊されている可能性も大きくなるのです。
また、検査のときに出血が多いと炎症が強いことを表します。大まかな目安です。 ぜひ、知っておいてください。