一般歯科・虫歯治療


むし歯の原因はミュータンス菌に代表される細菌の感染によるものです。
 
歯垢(プラーク)にいる細菌が酸を作り、歯を溶かしてしまうのがむし歯です。

初期のむし歯は痛みがほとんど無く、削る部分も少しで済みますが、放っておくとどんどん進行します。
神経まで進行してしまったむし歯は、麻酔をして神経をとる治療を行います。
当院では、削る部分を最小限にご自身の歯を残す治療を心がけています。